中学受験の塾はいつから?どこを選ぶ?合格をキメる中学受験の始め方

合格をキメる中学受験の始め方

お子さんの将来の選択肢を広げるために、中学受験を検討しているご家庭もあるのではないでしょうか。
今回の記事では、中学受験をする場合、いつから塾に通ったらいいのか、またそのために親はご家庭でどのような準備をするべきかについてその時期についても合わせてご説明します。

新4年生から塾に通い始めるのがベスト

中学受験のための塾に通い始めるのはいつからがいいのか、気になっている方もいるのではないでしょうか。
一般的に、中学受験の塾は新4年生から通い始めるのがベストと言われています。
これは、4年生の4月からではありません。
塾の新学期は小学校とちがって2月ですので、中学受験勉強のカリキュラムが始まる新4年生の2月から塾に通うことが一番効率的だと言えるでしょう。
子どもを中学受験のための塾にいつから通わせようか迷っている親御さんには、「3年生の2月から」のタイミングがいいと思います。

多くの中学受験生が準備を始める新4年生に向けて、大手塾では3年生の1月に「入塾テスト」が行われます。
できれば、入りたい塾の入塾テストの前に、別の塾の入塾テストも1つか2つでいいので、受けてみることをおすすめします。

テストのイメージ

その時点での学力が正確に把握できることもその理由ですが、子ども自身にとっても塾のテストのレベルを知ることができる機会になり、またテスト時間の使い方が経験できるからです。
入塾テストで緊張して実力を出せなかった…ということも予防できます。

いつから中学受験の勉強を始めたらいいのか

子どもに少しでも楽に合格させてやりたいという親心から、「中学受験のための勉強を始めるのは、早ければ早いほどいいのではないか」と考える方もいるようですが、早すぎる受験準備はマイナスになってしまうことがあります。

中学受験のための大手塾のカリキュラムは、4年生〜6年生の3年間で受験に必要な学習をすべて網羅し、受験対策の実践的学習まで行うように組まれています。
ですので、一般的には中学受験のための勉強は4年生から始めるのがもっとも効率的というわけです。

低学年のうちは、受験勉強というよりは「身体感覚」と「基礎学力」を身につけることに重点を置いてください。

これらを具体的に言うと、「身体感覚」とは日常生活での実体験から得られる数や重さ・時間などの感覚、「基礎学力」は正確に計算ができる力や漢字や語句の読み書きなどの力のことです。

低学年の子どものイメージ

4年生から始まる中学受験の勉強に必要なのは、さらにこの上の「応用学力」です。
この「応用学力」は、「身体感覚」「基礎学力」という2つの土台がしっかり整っているからこそ伸ばせる力ですので、低学年のうちにしっかり身につけておくことをおすすめします。

塾選びが中学受験の結果を左右する

中学受験のための塾は、どのように選べばいいのでしょうか。

塾とひとくちに言っても、最近はさまざまな塾がありますが、中学受験を考えるなら大手進学塾をおすすめします。
もちろん、規模が小さくてもレベルや質の高い個人塾もあります。
しかし、どうしても講師の力量や個人の熱意だけが頼りになりがちで、「当たりはずれ」が大きいというデメリットがあります。

大手進学塾を選ぶ最大のメリットの1つは、中学受験に必要なカリキュラムがしっかりと作られていること。
スケジュールからテキスト、時期に合わせたテストや長期休暇中の集中講座などが用意されています。
また、大手進学塾は定期的にテキストなどの改訂を行い、最新の入試傾向を反映させています。

黒板かテキストのイメージ

首都圏なら「SAPIX(サピックス)」「早稲田アカデミー」「日能研」「四谷大塚」の4つの塾が中学受験のための大手進学塾です。
これらの塾にはそれぞれ特徴がありますので、子どもの性格や志望校に合わせて慎重に選んであげてください。

難関校に強い上位校型の塾が「サピックス」と「早稲田アカデミー」、幅広い難易度の学校に合格者を出しているバランス型の塾が、「日能研」と「四谷大塚」と大きく分けることができますが、授業スピードや宿題の量などはそれぞれの塾で異なります。

関西の中学受験には府県によって差があり、また首都圏ほど県境を越えての志望校選びは多くありません。
塾の地域性が高いのも特徴です。関西の塾で最大手は「浜学園」、それを追うのが関西の「日能研」、次いで「馬渕学園」となっています。
また、ほかの大手塾より難関校志向を明確に打ち出しているのが「希(のぞみ)学園」です。

それぞれの塾に特徴があるので、いつから入塾するかと合わせて事前にきちんと調べておくことが大切です。
特に、プリントや宿題の管理は各家庭でする必要がある場合が多いので、共働きなどで時間に余裕がない家庭は、親のサポートがどれくらい必要かを知った上で塾選びをするようにしましょう。

入塾後にどうしても子どもにその塾が合わないと感じる場合は、転塾や転校舎をするのも選択肢のひとつかもしれませんが、それでうまくいくとは限りません。
塾に通い始める前に、その塾が本当に子どもに合っているかどうかを見極めてあげることが重要です。

中学受験の塾の「入塾テスト」とは

大手進学塾では「入塾テスト」によって、入塾の可否を決めます。テストの結果によっては入塾できないこともあります。

また、入塾テストの結果で子どものレベルに応じた「クラス分け」をします。 塾の授業やテキストは成績優秀な上位クラスの生徒向けに作られているので、入塾の際に少しでも上のクラスに入ったほうがいいでしょう。

特にSAPIXではどのクラスに所属するかが入塾後の受験勉強に大きく影響するので、入塾テストでどのクラスに入るかがとても重要です。

テストのイメージ

中学受験の大手塾の入塾テストは国語と算数の2教科で、4年生までの計算問題や漢字・語句などの問題が広く出題されます。
いつから入塾させるかにもよりますが、だいたい3年生の夏ごろから入塾テストを意識した勉強を始めるのが理想的でしょう。

国語は、小学校の授業では見ないような文字数が多い文章が素材文として使われるので、長文に慣れておく必要があります。

文章を読む力を育むために有効なのが、音読です。
国語の教科書を音読する宿題が出る小学校は多いと思いますが、毎日しっかりやるようにしてください。

音読のイメージ

音読の積み重ねが、すらすらと文章を読めることにつながり、さらに内容を理解することにもつながります。
算数もレベルが高いので、事前に参考書などを使って対策をしておくと安心です。計算問題は、小学4年生までに習う範囲をカバーしておきましょう。

まだ子どもの学力レベルが把握できていないという場合は、複数の塾の入塾テストを受けてみてください。
そうすると「A塾では下のレベルのクラスにしか合格できなかったけど、B塾では上位クラスに入ることができた」ということが起こります。
できるだけ上のクラスからスタートできたほうが中学受験には有利なので、判断の基準にしてくださいね。

3年生の2月に中学受験の塾に入るのがベスト

中学受験の塾のカリキュラムは、3年生の2月から始まります。
「5年生になったから、そろそろ塾に通わせて、中学受験にも挑戦させてみよう」では、遅いかもしれません。
3年生の夏ごろから、新4年生に向けて入塾の準備をしておくと安心です。

子どもをいつから塾に通わせたらいいのか、いつから中学受験の勉強を始めたらいいのか迷われている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

テキスト:塾ドリ編集部