中学受験直前期の過ごし方。入試目前に親がやることは?

画像なし

ついに入試目前となる中学受験直前期には、緊張が高まることでしょう。子どもだけでなく、平常心ではいられない親御さんも多いようです。今回の記事では、中学受験の直前期にやることについてお伝えします。入試が目前に迫った時期の過ごし方、そして親がやるべきことにはどのようなことがあるのでしょうか。

「中学受験直前期」はどういう時期?

中学受験の本番が近づく、6年生の秋以降はとても大切な時期です。

6年生の2学期から志望校の過去問に取り組み始めるので、入試が目前に迫ってきていることを子どもも実感しているでしょう。そんな子どもの姿を見て、そわそわしてしまう親御さんもいるようです。

塾の授業の内容も、入試直前期になると詳しい解説はなく、短時間に数をこなすような内容になります。その結果、「この問題が解けない」「この問題もわからない」と、結果的に自信をなくしてしまう子がいます。

でも、入試の合否を決めるのはたくさん問題を解くことではなく、解いた問題の正答率です。焦らずにこれまでやってきたことをすべて活かし、全力を尽くせることに重点を置き、直前の時期をすごしましょう。

中学受験入試の目前に親がやること

子どもにとって中学受験は初めての経験です。直前になって「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と混乱してしまう子もいるかもしれません。そんな中学受験直前期だからこそ、まずは親御さんが落ち着いて、やることを洗い出すことが大切です。

ポジティブな声かけ

まず、精神的なサポートをしっかりとやることが大切です。「がんばれ!」とやる気を高めるというよりは、「あなたなら大丈夫」と、粘り強く最後までやることを促すような声かけをしてあげてください。

中学受験直前の親子にとって、いちばん必要なのは「大丈夫」という言葉かもしれません。「これまでこんなにがんばってきたから大丈夫」「あなたならきっと大丈夫」など、子どもが入試直前まで「合格できそうだ」という前向きな気持ちを保つことができるようにしてあげてください。
本番が目前になってくると、とにかく「これまでの努力を信じてがんばれば合格できそうだ」と合格を予感させることが重要です。直前期には、子どもが精神的にいい状態で本番にのぞめるように、常にポジティブな声かけをしましょう。

体調管理

直前期には、子どもの体調管理を最優先させてください。

毎晩夜遅くまで勉強させて入試目前に体調を崩してしまうと、これまでの努力が台無しになってしまいます。
本番が目前に迫っているからと子どもが夜遅くまで勉強したくなる気持ちも汲み取ってあげつつ、寝る時間がきたら、やるべき勉強が残っていても寝ることをすすめてあげましょう。寝不足で勉強するより、しっかり睡眠をとって、頭がすっきりしている状態の方が勉強の効率がいいことを伝えてあげてください。

また睡眠と同じくらい、食事にも気を配りましょう。脂っこいものや甘いものを控え、できるだけ体に優しいものを食べさせるようにしてください。
入試直前期は、インフルエンザが流行する時期でもあります。手洗いうがいなど基本的な衛生管理をしっかりやることも大切です。

学習のアドバイス

中学受験直前期は、志望校の入試傾向と対策、その子の理解度などさまざまなことを分析した上で、専門家による学習ポイントの絞り込みが必要です。親としてそこまで口出しすることはできませんが、子どもがモチベーションを保ち、自信を持って試験に挑めるように学習内容を調整していくことが重要です。
確実に得点しようと意気込んで、中学受験の直前期に苦手分野を勉強しようとする子どもも少なくないのですが、この時期はできるだけ得意分野を重点的に勉強するようにアドバイスしてあげてください。

直前期の仕上げにイメージトレーニング

中学受験の最後の仕上げとして、受験当日のイメージトレーニングをしておくことをおすすめします。受験の日の朝、何時ごろ起きて、どうやって試験会場に行って、どんな心境で問題に取り組むかをできるだけ具体的に、子どもと一緒にイメージをしておきましょう。

親が質問をしながら、一緒にイメージを作っていってください。「外が寒かったら、どのコートを着ていく?」「そのときはどんな気持ちかな?」「試験会場に着いたらまず何をする?」など、子どもが具体的にイメージできるまで何度も質問するのです。

真剣にイメージトレーニングをするというよりは、楽しみながらやることがポイントです。直前期は緊張しがちなので、いい気分転換になるでしょう。受験当日、子どもが「お母さんと一緒にシミュレーションしたな」と思い出して、リラックスできるかもしれません。

中学受験の本番目前!まずは親がやることを整理

子どもにとって、中学受験は初めての体験です。緊張したり、焦ったりすることもあるでしょう。
親がやることとしては、精神的なサポートと体調の管理が最優先だと考えましょう。直前期から入試当日までは、できるだけ否定的な言葉は使わず、肯定的な言葉に言い換えるようにしてください。明るい表情でポジティブなメッセージを伝え続け、子どものモチベーションを維持してあげましょう。
また、ただでさえ平常心でいられない時期なので、親子ともに疲れて体調を崩すこともあります。毎晩夜遅くまで勉強させないように気をつけてあげてください。大人もがんばりすぎないように、適度に息抜きをすることを心がけましょう。

入試が目前に迫っても落ち着いてていねいに学習ができるように、親御さんも冷静な態度を保つことが大切です。中学受験生活の集大成となる入試本番。子ども本来の実力を十分に発揮できることを祈っています。

テキスト:塾ドリ編集部