低学年の塾通いは必要?中学受験の準備はいつから始めたらいいのか

画像なし

子どもが低学年のうちから中学受験を考えているご家庭も多いと思います。その場合、中学受験の準備をいつ、どのように始めたらいいのかを知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、中学受験の準備はいつから始めたらいいのか、また低学年のうちにやっておくべきこと、塾は必要かどうかについてお伝えします。

中学受験の塾はいつから通うべき?

中学受験のための塾に行くのは、新4年生(実際に通い始めるのは3年生の2月)からが一般的です。なぜなら、このタイミングで中学受験対策のカリキュラムが始まるからです。

小学生向けの学習塾は大きく分けて「補習塾」と「受験対策塾」。首都圏で大手の受験対策塾として知られているのは、日能研、SAPIX、早稲田アカデミー、四谷大塚などです。中学受験の入試問題の多くは、小学校での学習の延長線上にはありません。どんなに学校の勉強ができても、中学受験のためには受験対策塾を利用することになる場合がほとんどです。

中学受験に低学年からの塾通いは必須ではない

親としては少しでも早く中学受験のための準備を始めて、安心したい気持ちがあるかもしれません。
実際に、大手の中学受験対策の塾の多くで、低学年からの講座が用意されています。しかし、その内容は直接中学受験の勉強につながるものではありません。

それでも低学年のうちから塾に通わせるなら、競争原理を押しつけて子どもの芽をつんでしまわないように気をつけてください。子どもなりにがんばっていることを認めてあげることが大切です。

低学年でも塾に通い始めると、成績表があり、偏差値が出ます。順位によってクラスが上がったり下がったりもします。つい「もっとがんばりなさい」「偏差値、もうちょっと上がらないかな」など、叱咤激励が増えていくことになるかもしれません。しかしそれでは、小学校低学年のうちから勉強嫌いになってしまうので注意が必要です。

低学年のうちからやっておくべき中学受験準備

低学年の時期は、中学受験のための塾に通うよりも家庭でのさまざまな体験や基礎学習を大切したい時期です。具体的にどのようなことをしたらいいのでしょうか。家庭で簡単に実践できる3つのことをお伝えします。

本の音読

学校の宿題にも含まれているのですが、本や物語の音読はとても大切です。
音読することによって日本語のリズムを体で覚えることができます。また、どこで区切って読むのかを考えることで、文章の論理的な構造を意識できるようになります。

大人でも、一度黙読して理解できなかった文章をあえて声に出して読んでみることで、文章の内容を理解できることもありますよね。音読を続けていると、黙読時の読解力が高まっていきます。また、文節での理解ができるようになるので「国語力」も育ちます。

子どもの音読に耳を傾け、「おもしろいお話だね」「さっきの読み方いいね」など、ぜひ声かけをしてあげてください。低学年のうちは国語の教科書に出てくる話を寝る前に読み聞かせしてあげるのもいいでしょう。
また、図書館や書店で「次はなにを読もうか」と、本を選ぶ楽しみを体験させてあげると、読書がより楽しくなるかもしれませんね。

学校の宿題にきちんと取り組む

低学年のうちから、ていねいに宿題に取り組む習慣を身につけさせてあげてください。宿題を「終わらせること」を目的として慌てて終わらせる癖がついてしまうと、読み取りミスや計算ミス、勘違いが多発することになってしまいます。
子どもの宿題でいちばん大切なことは、終わらせることではなく、「どのようにやっているか」です。

文字や数字をていねいに書けているか、鉛筆を正しく持てているか、授業の内容をよく理解し、宿題でなにをしたらいいか理解しているかなど、ごく基本的なことを大人が確認してあげてください。

「早くやりなさい」という言葉は子どものやる気をなくしてしまうので、気をつけましょう。
宿題に取り組んでちゃんと終わらせることができたら、1年生のうちから「よくがんばったね」「ちゃんと宿題やって、えらい!」とねぎらい、ほめ続けてあげてください。子どもにとって最大のごほうびは、お母さんのほめ言葉です。

数字に親しむ

算数な好きな子なら、毎日の計算練習を日課にしてもいいかもしれません。教科書準拠の問題集などに取り組むのもいいですね。

遊びながら数字に親しむのもいい方法です。すごろく遊びなら、たとえば「サイコロで3が出ればゴール」というとき、「ゴールまでのマス目」を意識させてみてください。10のマス目が「ゴール」なら、7のマス目に止まっているとき、上がるには3が必要です。
低学年のうちに「3日間」「3日目」「3日後」の違いをしっかり身につけておきましょう。こうした数字の感覚を低学年のうちに身につけておくと、算数に対する苦手意識を減らすことができます。

低学年の中学受験準備は「読み書き計算」から

低学年のうちにできる中学受験の準備は、学習の基礎を固めることです。そのために塾に通う必要はありません。まずは「読み書き計算」がしっかり身につくように、家庭でできることを実践しましょう。
また、低学年の子どもにとって重要なのは、お母さんやお父さんとどのような時間を過ごし、体験するかということ。4年生以降の中学受験の勉強が本格的にスタートする前に、ぜひ親子の時間をたっぷりと持ってください。

高学年になると、勉強はどんどん難しくなります。
4年生から中学受験の塾に通う場合は、成績によるクラス分け、偏差値による志望校選定など、シビアな現実が待っています。これを子どもが乗り越えるためには、「あなたはかけがえのない人間だ」ということを毎日親が伝え続けることが必要です。低学年の時期こそ、「あなたなら大丈夫」と言い続けてあげてください。
今後、もし挫折を経験することがあっても、その言葉が子どもを支え、乗り越える力になるでしょう。

テキスト:塾ドリ編集部