中学受験の算数を得意にする、授業の聞き方と家庭学習について

画像なし

お子さんを中学受験に挑戦させるとき、親としていちばん気になる科目として上がることが多いのが、算数ではないでしょうか。

算数は問題1問あたりの配点が高く、テストで点数差が開きやすいのも算数だからです。

ここでは、塾や家庭学習において算数の力をつけ、入試で結果を出すための方法を考えてみたいと思います。

中学受験の塾での算数はハイペース

中学受験をしようとなった場合、多くのご家庭がお子さんを塾に通わせます。
その塾では、中学受験までに必要な内容を網羅したテキスト、指導技術のある先生、そしてお子さんたちの志望校の出題傾向に特化した対策授業まで用意されています。

勉強している子どものイメージ

そんな塾の授業を受けていても、算数ができない子が出てくるのはなぜでしょうか。

その理由のひとつとして、中学受験の算数が学校の算数とはかけ離れてレベルの高い内容だということがあります。

高校受験や大学受験の勉強の場合、学校で習う科目の内容を完璧に理解できていれば、入試問題にも対応できます。

しかし中学受験の場合は、小学校で習う算数を完璧に理解していても、入試問題では全く歯が立ちません。
特に算数の問題は特殊なものも多く、受験塾で教えている内容を身に着けなければ、少なくとも難関校と呼ばれるような学校への合格は難しいのです。

また別の理由として、中学受験の進学塾ではそのレベルの高い内容の授業がハイペースで進んでいく、ということもあります。
多くの塾では、4年生、5年生までで中学受験に必要な内容をすべて学び終えてしまい、6年生は総復習と入試対策(志望校別の対策授業)というカリキュラムになっているのです。

すばやく理解して授業の展開についていける子はいいのですが、ゆっくり時間をかけて理解し、身につけるタイプのお子さんにとっては、1つのことを理解するまでに次の内容に進んでしまうなど、結果としてよくわからないまま進んでいってしまうといったことが算数い限らず起こるのです。

算数の成績が上がる授業の受け方

一般的な中学受験塾の算数の授業は、以下のような手順で進められます。

まず、算数の1つの項目について先生が考え方、解き方を説明します。
このとき、一方的に話すだけでは子どもたちの理解が進まないので、先生は生徒たちに質問したり、説明させたりして理解度を確認しながらすすめていきます。

勉強している子どものイメージ

算数の授業の説明を聞いている間は、聞くことに集中してノートには目を落とさないようにと、先生からは指示があります。
一通り説明が終わったら、これまでのところをノートに写すようにと指示があります。

そして、子どもたちがノートをとり終えたくらいのタイミングで、次の項目の説明が始まるのです。

算数が苦手になるお子さんの何割かは、このタイミングで顔をあげず、次の説明が始まっているのにノートに目を落としているお子さんです。
説明の冒頭部分を聞きのがしてしまうので、そこから後がわからなくなってしまうのです。

このことを防ぐには、あらかじめお子さんに授業の聞き方を伝えておく必要があります。

「ノートを取り終わっていなくても、先生の説明が始まったら顔をあげて聞こうね」

そう伝えるのです。

特に4年生くらいで塾に通い始めたばかりのお子さんは、この「授業の聞き方」をよくわかっていないことがあります。
「塾で教えてくれる」と考えてしまいがちですが(実際、塾でもそのような声かけがあるのですが)、お母さんからも伝えてあげるに越したことはありませんね。

家庭学習で算数を得意にする方法

塾の授業で習ったことを100%身につけて帰ってきてくれればいいのですが、先述のように学校とは全く違ったハイレベル」な内容を、それなりの時間聞いてきているわけですから、「なんとなくわかった」くらいの理解で帰ってきていることも多いのが実情です。

親としては、「習ったことがしっかりできるようになっているか」を確かめたいのが正直なところです。
塾から帰ってきたお子さんに、さっそく宿題をさせているご家庭もあるようです(塾で居残り時間があり、そこで宿題をする場合もありますね)。

塾の終わり時間にもよるのですが、2時間(あるいは長い日だと4時間くらい)塾の授業を受けてきたお子さんに、帰宅後宿題演習をさせるのには、時間的にも限界があります。

子どもが家にいるイメージ

食事、お風呂もありますし、なにより「せっかく塾が終わったんだから、ちょっと休憩したい」というお子さんの要望もあるでしょう。

塾から帰ってきたときは、宿題ではなく軽く復習させておくことをおすすめします。

宿題をするのが復習、と思っているお子さん、親御さんも多いのですが、宿題と復習は違います。
復習とは、授業で習った内容を思い出し、反芻すること。

塾でとったノートを一緒に見ながら「この問題はどうしてこうやって解いているの?」といった質問をしてあげながら、ざっと授業内容を思い出させるのです。

これなら宿題をするのにくらべると短い時間ですみますし、ざっと思い出しておくだけで宿題をするのが次の日になったとしても、意外に記憶に残っているのです。

算数の成績を上げるためのダブルスクール成功法

中学受験の塾の授業の受け方や家庭学習の工夫などをしていても、どうしてもわからない分野や苦手な単元などはできてしまうものです。
そんなときは、できるだけ早めに解決しておきたいですね。

わからない問題を塾の先生に持っていき、質問すれば解決することもあります。
「わからない問題がある」くらいのレベルのときには、それで済んでしまうことも多いでしょう。

ノートなどのイメージ

しかし、ある単元がまるごとわからないという場合や、ずい分前に習ったことがわからないためにテストの点が伸びない、という場合は対策が必要です。

個別指導教室や家庭教師の利用です。

中学受験の算数などの苦手科目や弱点単元を解決するのに、マンツーマンの授業はとても有効です。

業者、講師を選ぶ場合には注意点があります。

それは、わからない問題の解き方を教えるだけではなく、その原因をつきとめて、問題を根本から解決してくれるかどうかです。

問題の解き方を教えてくれるだけでは、その問題は解けるようになっても、ちょっと切り口を変えた問題には対応できません。
今解けない問題から、その原因となっている過去のつまずきまで見つけて解決してくれる講師が、お子さんを塾に通わせているのにわざわざ選ぶべき講師です。

中学受験専門の家庭教師や個別指導教室を選択する場合は、そのことを念頭に置き、必ずお父さん、お母さんが体験授業に同席するようにしましょう。

具体的に授業を見学するときのポイントは、お子さんの「わからない」「苦手」を解決するために、どのような準備をしてきているかです。
その場で問題を自作する先生もいるかも知れませんし、なにかプリントのようなものを用意してくる先生もいるでしょう。

テキストのイメージ

ポイントは、「今与えられた問題の解き方だけを教えようとする」先生でないかどうかです。
その問題とテーマは同じでも見た目がちょっと異なる問題、切り口がちょっと変わった問題だと解けない、考え方の糸口がわからないようでは、課題が解決したとは言えないからです。

その科目をふだん勉強していないお父さん、お母さんが聞いてよくわかる、そんな授業をしてくれる講師かどうかをみてください。

ここまで、中学受験の算数を得意にする方法について考えてきました。
塾の授業の聞き方、家庭学習のしかただけで解決すること、アウトソーシングしたほうがうまくいくことなど、切り分けて考えたいですね。
ぜひお子さんの中学受験勉強の参考にしてくださいね。

テキスト:塾ドリ編集部